<<PR>>
<<PR>>
<山梨県>
<丹波山温泉>
のめこい湯
掛け流し食堂があります休憩室があります
オススメ度 外観写真250×188
泉質 アルカリ性単純硫黄泉
低張性高温泉
料金 (大人)600円 (子供)300円
営業時間 10:00 〜 19:00(冬季は18時まで)
入湯日 2008.4.26/2009.5.3/2010.5.4/2012.5.5/2015.6.12
HP http://www.vill.tabayama.yamanashi.jp/
データ
《源泉温度》43.3℃  《湧出量》 160L/min 《PH値》9.8
《加温》有 《加水》無 《循環》有
《消毒》有 《成分総計》239.8mg/kg
コメント:

丹波山村が運営する温浴施設で、国道411号の道の駅「たばやま」に併設されており、奥多摩地区には各自治体で温泉を掘りあて温浴施設も多くある中、唯一の単純泉に「硫黄」の文字が付く温泉です。

国道沿い駐車場の対岸に「のめこいの湯」はあるので、駐車場から若干遠く感じるが、多摩川の源流となる清流に掛かるつり橋を渡っていく雰囲気はとても良い。
受付で料金を払い脱衣場へ向かう。「ローマ風呂」と「檜風呂」の2つあり、男女月変わりになっているそうだ。今回も檜風呂が男性となっていました。

内風呂には高温浴槽(42℃)、低音浴槽(38℃)がありともに源泉掛け流しとなっているが、循環装置併用となっている。
温泉表示によれば「塩素消毒」を行っているとの事でしたが、内風呂でも塩素臭は感じることが無かったです。オーバーフローの量もまずまずで新湯投入量も多そうなので温泉の使い方としては良い方でしょう。

露天風呂の方は温度が40℃に設定されており、こちらも循環併用の掛け流しとなっています。ただ、打たせ湯の方から新湯を投入しているからなのか?露天の岩組み投入口から温泉がちょろちょろしか出ていないのが残念。
対岸が道路ということもあって、露天からの展望が無いのも残念なところです。

単純硫黄泉の名の通り、源泉投入口から流れるお湯からは少しであるが硫黄の香りがする。ちょっと温泉をなめてみたら、硫黄独特の味がしました。
微かに白濁していていますが、透明に近い感じなお湯です。
アルカリ度が高いので、ぬるぬる感があってお湯に浸かっていると肌がスベスベになります。ただなぜか、露天の方は内風呂に比べてスベスベ感が乏しかった感じがしました。

洗い場にボディーソープ、リンスインシャンプー常備。ドライヤーは脱衣場に常備


アクセス 鉄道:JR青梅線奥多摩駅から丹波山行きバス(日に4便)で1時間
車:中央道上野原ICから約1時間

戻る